【顧客事例:エネルギー】Uniper Energy、エネルギー事業のデータサイロを解体

August 4, 2020

ドイツに拠点を置くエネルギー&ユーティリティ企業のUniper Energyは、エネルギーの分散化に伴うデータの混乱に悩まされていました。社内にサイロを持つことの負荷を取り除くために、クラウドプロバイダのMicrosoft Azureと共に、クラウド用に構築されたデータウェアハウスとしてSnowflakeが選ばれました。両社を採用した決め手は、スピードとデータ品質にあったといいます。

Previous Video
【顧客事例:ソフトウェア】Outreach – Snowflakeにより、データ主導型のソフトウェア開発を加速
【顧客事例:ソフトウェア】Outreach – Snowflakeにより、データ主導型のソフトウェア開発を加速

セールスエンゲージメントソフトウェアプラットフォームのOutreachは、瞬時の弾力性によって同時実行の問題が解消したとして、Snowflakeを採用しました。OutreachのBI &アナリティクス部門マ...

Next Video
【顧客事例:ツーリズム】TUI Hotels and Resorts – モダンクラウドデータレイクを用いた信頼できる単一の情報源
【顧客事例:ツーリズム】TUI Hotels and Resorts – モダンクラウドデータレイクを用いた信頼できる単一の情報源

ドイツに拠点を置く大手旅行・ツーリズム会社のTUI Hotels and Resortsは、高性能と拡張結果を評価し、クラウド向けのデータウェアハウスとしてSnowflakeを採用しました。またTUIでは、さまざま...