Skip to main content

【事例:Jetblue】航空業界とデータ

JetBlueは米国最大手のLLC航空会社の一つで、乗客数ベースでは北米7位の規模を誇る航空会社です。JetBlueはSnowflakeデータクラウドの導入により今さらに大きな空へと羽ばたこうとしています。この動画では、JetBlueのデータサイエンス&アナリティクス担当ディレクターBenjamin Singleton氏と同社データエンジニアリングマネージャーAshley Van Name氏が、Snowflakeデータクラウドの導入によりカスタマーエクスペリエンスの最適化を低コストで実現できた経緯について語ります。現在JetBlueはSnowflakeデータマーケットプレイスデータを利用し、同社データエンジニアリングチームおよびデータサイエンスチームは機械学習アルゴリズムの運用により、燃費の向上によって更に環境に配慮できるように取り組んでいます。