Skip to main content

【事例:スカパーJSAT】データ基盤をSNOWFLAKEに刷新して膨大な視聴データを分析! 放送・メディアにおける新しい価値提案を図る

Download PDF

会員数300万人超の有料多チャンネル放送サービス「スカパー!」を運営するスカパーJSATでは、膨大な視聴データを素早く効率よく分析するためにクラウドDWH基盤をSnowflakeに刷新した。これにより、分析のパフォーマンスが向上し処理時間を従来の10分の1にまで短縮しました。

また、瞬間的なパワーを出しながら、その瞬間に使用したリソースにのみ課金される革新的な料金体系によりコストを最適化した。今後は、社内展開を進めるとともに、視聴データを活用した新しい施策を展開していく予定です。