Skip to main content

SNOWPARK:データクラウドに新たなデータプログラマビリティをもたらす

Download PDF

Snowflakeの新しいデベロッパーフレームワークであるSnowpark(プレビュー公開中)では、データエンジニア、データサイエンティスト、データデベロッパーが単一のプラットフォーム内で自分の好みの言語を使って自分の使い慣れた方法でコーディングを行い、パイプライン、MLワークフロー、データアプリをより迅速かつ安全に実行できます。

Snowpark APIは、ScalaやJavaなどのデベロッパーがよく使う言語に、緊密に統合されたDataFrame型プログラミングをもたらします(プレビュー公開中)。Snowpark UDFを使用すると、データユースケースの幅を簡単に広げ、Java UDF、JavaScript UDF、外部関数、Python UDF(プレビュー公開中)などをSnowflake内で実行できます。Snowparkは、複雑なデータパイプラインの構築を大幅に簡素化し、デベロッパーがデータの移動なしにSnowflakeと直接やり取りできるよう設計されています。

このebookでは、以下を含むSnowparkのいくつかのユースケースについて説明し、Snowflakeがそれらのユースケースをどのように実装しているかをご紹介します。

  • 機械学習を使用し、トレーニング済みのモデルをJavaでホストすることでデータを増強する
  • データ内の異常をスキャンする
  • PIIを識別するためのルーチンを開発する
  • 共有Javaライブラリをデプロイしてビジネスロジックを標準化する

皆様はSnowparkで何を構築できますか。ebookをダウンロードして始めてみましょう。