Skip to main content

小売企業と消費財企業がアナリティクスにサードパーティデータを活用する方法

Download PDF

小売業界は実店舗型の古い事業形態から大きな発展を遂げました。現在では、購買データ、人口統計データ、サイコグラフィックデータ、位置データ、その他のインテリジェンスを利用してカスタマーエクスペリエンスをパーソナライズし、キャンペーンのパフォーマンスを高め、最終的に1回あたりの販売額と収益を伸ばしています。

また、小売企業とそのパートナーである消費財企業は、サプライチェーンやフルフィルメントに関してもデータを活用しており、気象データや交通データなどを在庫管理や人員配置に関する意思決定に役立てています。

自社のチームがデータドリブンな意思決定を行えるようにするために、小売企業と消費財企業はサードパーティデータの活用と自社のファーストパーティデータとの統合を推進しています。しかし、従来のサードパーティデータの調達方法は非効率的で、拡張性がなく、大規模なエンジニアリング作業を行わなければデータを利用できない場合があります。

本eBookでは、以下の方法について説明します。

  • ETLを行うことなくサードパーティデータを簡単に発見してアクセスし、即座に分析に利用したり自社データと統合したりできるようにする
  • より効果的なセグメンテーションとターゲティングによってデータの価値を解き放ち、カスタマーエクスペリエンスをパーソナライズする
  • 手作業やアドホックな方法によるデータシェアリングなど、データシェアリングに関する従来の課題を解決する