Skip to main content

データを活用して小売サプライチェーンの回復力を高める

Download PDF

現在、小売業者はサプライチェーンのすべてのリンクに課題を見出しています。このような課題としては、計画と調達に関する適切な意思決定、在庫の管理、注文のタイムリーなフルフィルメント、価格変動への対処、労働者の雇用および維持などが挙げられます。一部の混乱(スエズ運河でのコンテナ船の立ち往生など)はリーダーたちの手に負えるものではありませんが、小売業のリーダーはサプライチェーンのコントロールを強化する手段を探しています。

データは、その回復力を作り出すうえで重要な要素です。データを調べれば、製品開発から販売までチェーンのすべてのステップで起こっていること、そして問題またはボトルネックが発生している場所がわかります。サードパーティデータを調べれば、製造、倉庫、注文フルフィルメントに影響する可能性がある外部要因がわかります。

データを活用してサプライチェーンの回復力を高めるには、次の3つの方法があります。

  1. サプライチェーンの完全な可視性
  2. 正確な分析と将来の計画の予測
  3. サプライチェーンパートナーとのコラボレーションの強化

このホワイトペーパーでは、小売業のお客様が問題から迅速に回復し、サプライチェーンのコントロールを強化するのにこれらの各データ機能がどのように役立つかを説明します。