「データの共有」が導く、小売業におけるビジネス変革

February 26, 2021

シームレスでオムニチャネルな体験を提供し、継続的なロイヤルティとエンゲージメントを育成しようとする小売業者や消費財メーカーにとって、カスタマイズされた優れた方法で顧客とつながることは非常に重要です。 しかし、パーソナライズされたマーケティング体験を提供することは、大きな投資や専門の部門を設立を必要とし、従来中小企業には難しい施策でした。そのような中、競争力の高い先進的なグローバルの小売業や消費財メーカーは“データ“という経営資源を中心に据え、その価値を活かすためのデータ戦略を実現することで、優位性を構築しています。 そのためには、単一のプラットフォーム上で自社データを活用するすることにとどまらず、サプライチェーン全体さらには業界内外におけるデータサービスについて、知見と実行手段をを得る必要があります。先進的な企業は、それらの戦略をSnowflakeでどう実現しているのか? リアルタイムのマーケティング分析を加速し、次世代のマーケティング実行でビジネスを推進するために不可欠な「データシェアリング」「データクラウド」について、昨今のビジネスにおけるデータ課題をもとに紐解きます。

Previous Article
Augmenter le time-to-market du pricing dynamique
Augmenter le time-to-market du pricing dynamique

Kiloutou met à disposition les données via le Data Sharing, sans transfert, ni copie de données. La donnée ...

Next Flipbook
HP Democratizes Access to AI-Driven Business Insights Using Snowflake and Thoughtspot
HP Democratizes Access to AI-Driven Business Insights Using Snowflake and Thoughtspot